借り暮らしのアラフィフティ 別館

ほぼ天涯孤独、手取り10万のアラフィフおひとりさま。家も金も男も定職もないからシェアハウスに住んで激貧暮らし。どうせ何もないならさらに断捨離して日本での生活も捨てて身軽で自由になってやる~ 孤独死上等\(^o^)/

お散歩

AMEBAでおみくじひいたら、凶でした。

 


さて、昨日は夕方のメルカリ発送にしか外に出ず
お日様の光を浴びなかったので、
これは不健康と思い
今日は午前中にちょっと走ってみました。

うちは山なので、すぐに坂でございます。

それは置いといて、道端で猫を見つけました。


人懐こい。


なでなでさせていただき、
のらちゃんかしら~
それにしては人懐こい、
しかし飼い猫にしては毛並みがそこまでよくない・・・

と思っていたら、

自転車を押すおばさまが通りがかり、猫と、猫をなでている私を見つめました。

「・・・こんにちは(*^_^*)」
「・・・こんにちは(*´ω`)」

と、少々お互いを警戒というか空気を読みつつ

「・・・ご存知ですか(*´ω`)」

と、主語も目的語も何も言わず聞いてみますと、

「ええ、知っています(*´ω`*)」

と、非常に空気を読んでくださる回答が(゚∀゚)

 

「知ってるんですか!(゚∀゚)」
「ええ、ずっとここら辺にいてるのらちゃんでね。一匹じゃないんですよ。
みんながご飯あげてるみたいでね。
お腹がすいたら寄ってくるんだけど、今日はよってこないから・・・」

「いえいえ、私には寄ってきたから、きっとお腹すいてるんでしょう。
なんか家に帰って持ってこようかしら」

「いえいえ、私持ってるんで、これあげてください」
差し出されたのはビニール袋に入ったカリカリ。


「(゚∀゚)この猫用のご飯、持ち歩いてはるんですか!!」

「ええ、いつもね。ほら、これあげて」

 

image

 

「わ~三毛ちゃんよかったね~」

「そうか、じゃあこれから私も餌持ってくるようにします( ・´ー・`)」


と、終始非常に和やかで幸せな空気を
ネコちゃんのおかげでいただきました( ・´ー・`)

 

 

一日中断捨離したのち、晩ご飯に親戚たちを誘ったら
アラフォーは来るけど、中2は来週塾のテストがあるから来ないって。
この子、出不精というか引きこもりというか、不安症なんですよね(;´Д`)
外が不潔で危険だから、家から出たくないの(;´Д`)

お寿司でも持って家を訪ねればよかった、今度からそうしよう(´・ω・`)