借り暮らしのアラフィフティ 別館

ほぼ天涯孤独、手取り10万のアラフィフおひとりさま。家も金も男も定職もないからシェアハウスに住んで激貧暮らし。どうせ何もないならさらに断捨離して日本での生活も捨てて身軽で自由になってやる~ 孤独死上等\(^o^)/

貧乏自慢のないものねだり(゚∀゚)

私が行っている読書会の人たちが所属する団体が、おうちを買う話になってるんです(・∀・)
そのおうちが
 
あまり~~~~~~~~~にも、素敵だったので(≧∇≦)
 
ネットの写真を経理さんに見せました(∩´∀`)∩
 
 
「すごくないですかこの40畳のリビング(・∀・)」
「お風呂が丸いジャグジー天窓付き(・∀・)」
「シューズインクローク(・∀・)」
「リビングが全部吹き抜け(・∀・)」
「柱の中に人が入れる。これなんだ(゚∀゚)」
「なぜか洗面ボウルが2つ並んでいる。洗面ボウルがスペイン風だ(゚∀゚)」
「2階の部屋にすべてウォークインクローゼット付き、さらになぜかすべてロフト付き(゚∀゚)」
「てか5SLDKのSってなに?スペシャルルーム?ああ、そういえば収納だけで25畳もあるΣ(・ω・ノ)ノ!」
「犬小屋がゴージャス、犬用のお風呂もあってうちの部屋より豪華(≧∇≦)」
「レンガ造りでステンドグラスもあってお城みたい(≧∇≦)」
 
「これでお値段4000万(; ・`д・´)」
 
 
経理「(゚д゚)!安! 土地付きでしょ?これでその値段、安!いくら中古とはいえ、いくら郊外とはいえ、この綺麗さでこの広さでその値段、安!
 
このあたりのマンションなんて、10年たっても全然値段が下がらないんですよ。駅前だと、むしろちょっと上がってるくらいで。
うちのマンションも、10年前に買った時●000万とかだったんですけど、こないだ同じ棟で売り出してたのが同じくらいの値段だったりね」
 
私「あ~ じゃあこの値段だったら全然買いですよね~~ 郊外だから不便は不便なんですけどね」
 
経理「あのへん、どうしたんでしょうねぇ。なかなか高くならないですねぇ。こんな素敵な家がこんな値段だなんて。
あのへん、三田(※注:新興高級住宅街)の二の舞とかになるんじゃないのかしら」
 
割と新しく開発されたエリアなんです。
 
私「じゃあ経理さんが今のマンション売っちゃって、この家買ったらなかなかオトクなんじゃ(・∀・)」
 
経理「ん~(;´∀`) でもやっぱりうちは、田舎すぎるのはね。田舎は辛いですよ」
 
 
ここから貧乏話になっていきました。
 
 
経理「うちは奈良の田舎だったから。先生が家庭訪問に来た時、雨漏りとかしてましたし。」
 
私「貧乏なら私も負けてないよ!( `・∀・´)ノ🍆
親戚の子を抱っこして実家を歩いてたら、床が腐ってて、ズボって床が抜けて、落とし穴に落ちたみたいに落ちたんですよ~!
床が抜けるんですよ!?!?(゚∀゚)
窓ガラスはずっと割れてたし~、
お風呂ずっと壊れててなかったし~」
 
経理「うち、窓ガラスなかったよ?(゚∀゚)
窓ガラスの代わりに、父がなんか貼ってね~。
うちの父何でも作るんですよ、お風呂もうちの父が作って。
私は小さかったから覚えてないけど、兄たちが『お父さんがうちに2階を作った日のことをよく覚えてる』って言うんですよ。
ていうか雨漏りですよ雨漏り(゚∀゚) 先生、雨漏りの横でどう思ってたんやろ思いますよ(゚∀゚)」
 
私「いやでも先生は雨漏りとかは大丈夫なんじゃないかな~。
うちの友達でも、カーテンがずっとビリビリに裂けてた家に住んでた子がいて・・・」
 
経理「ああ、なんか荒んでたわけやね」
 
私「ええ、うちも貧乏で荒んでたとこもあったとは思うけど、貧乏と荒んでるのって違うじゃないですか。
そもそも、先生家がどんなんかっていうのも見に来てるわけだし」
 
 
経理「私、なんでここで働いてるんだろうと思うんですよ。
みんな大卒で、すごい人ばかりじゃないですか。
私なんか、すごい貧乏なところ出身で、私だけ高卒で、みんなと世界が全然違う。
ここにいなければ一生知らなかったようなことばかりで、
凄い場違いで、ここにいていいんやろかと思うんですよ」
 
 
経理さんは、子どもの卒業式で、隣に座っていたママ友さんに
「仕事探してるんだけど、なんかないかな!」と話しかけたところ
「ちょうどうちの職場で経理探してるんだけど、来る?(゚∀゚)」ということで採用されたそうです(゚∀゚)
 
 
経理さんは続けます。
「貧乏人は、ずっと貧乏なんですよ。
お金持ちの子は、ちゃんと教育を受けて、いい企業に入って、だからまたお金持ちになれる。
お金持ちの子は、お金持ち。
私ら貧乏人はずっと安い賃金で働くんです」
 
 
経理さん、時々こういうこというんですよね。
妬んでるようではなく、悟ったように、諦めたように。
とても頭のいい人で、高校の先生に「お前は教師になると思ってた」と言われたくらいだったのに
大学に行くという選択肢がなかったそうな。
 
 
経理さんは、前のボスからも、今のボスからも
「うちの職場の外付けハードディスク!」と呼ばれるくらいに重宝されている、
うちの職場の宝物なのに。
こんな人がいてくれるのが奇跡のような人なのに
 
それでも、自分に自信がないのか、引け目を感じているのか、
時々こういうことを言う。
 
自信がないと言っても、
私のようにオドオドしたり挙動不審になったりはしないけど(;^ω^)
 
 
 
経理さん。
経理さんは、私が大卒だからと
少し羨ましかったり引け目を感じたりしてるのかもしれないけど
 
私、言ってないけど、シェアハウスに住んでるんだよ(゚∀゚)
帰るおうち、ないんだよ(゚∀゚)
 
家族もいなくて
ずっと一人で
たった一人で。
 
優しい素敵な旦那さんがいて、
いろいろあるけどまっすぐ素直で優しくて面白い子供たちが3人もいる経理さんの生活は
私がずっと欲しかったもので
 
経理さんは、私が欲しかったものを持ってるんだよ~
私、何にもないんだよ~
 
伝えてあげたいような気もするけど
でも、伝えるようなことでもないな( ̄▽ ̄;)
 
 
そんな、貧乏自慢をしたあとで、
お互いがお互いを、
知らないうちにないものねだり。
 
 

昨日の夕食後の体重(着衣込み) 54.4㎏

本日の朝食前の体重(着衣込み) 55.8㎏

本日の夕食後の体重(着衣込み) 55.4㎏

 

なぜ1日で1キロも増える!?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)