借り暮らしのアラフィフティ 別館

ほぼ天涯孤独、手取り10万のアラフィフおひとりさま。家も金も男も定職もないからシェアハウスに住んで激貧暮らし。どうせ何もないならさらに断捨離して日本での生活も捨てて身軽で自由になってやる~ 孤独死上等\(^o^)/

20年

昨日の続きで~~~

 

 

旦那さんが脱サラして、八百屋さんを始めた友達と話しておりまして、

 

私は友達に

このブログでもよく言っているセリフを言いました(゚∀゚)

 

 

「でも50歳から新しいことを始めたとしても、70までやるとしたら20年になるでしょう。

20年、同じところで同じ商売をしていたら、その地域の顔になるよ。

20歳から何か始めても、結婚とかで30歳まで続くかどうかでしょ、そしたら10年もないし。

50歳からだったら安定して続けられるから、20年続けられるとしたらいいと思う(・∀・)」

 

 

 

そしたら、友達は言いました。

 

 

 

「そう、旦那が言ってたのはね、

 

長い間やってたら、時代が変わる。

若いころからずっと商売やってたら、

時代が変わって、商売の内容も時代に合わせて変えなあかん。

 

ただ、20年くらいだったら、一つのやりかたでギリギリ何とかやっていける。

 

時代に合わせて商売の内容を変えるのんはしんどい。

だから、こんくらいの年から20年やっていく方がええんや、って」

 

 

 

おおおおおおΣ(゚Д゚)

 

 

 

「ほんとだΣ(゚Д゚)

炭鉱とかもそうだったし、

携帯電話もスマホになったり、

なくなっていく産業もあるもんねぇ」

 

 

 

50年、一つの場所でやってる

不動産業のおっちゃんのことを思い出して

半世紀のこの地域の移り変わりをよく知っているのも

素晴らしいと思ってたけど

 

 

20年、

隣の焙煎所の人と仲良くなって

情報交換して

野菜の仕入れ先と話をして

お客さんの子どもが大きくなるのを見届けて

 

 

仕入れ先がなくなっていくのを嘆かずにすむ

お客さんがいなくなっていったりするのを悲しまずにすむ

 

それくらいの

20年くらいが

 

ちょうどいいのかもしれない(・∀・)

 

 

 

事業が軌道にうまく乗ればの話な!(゚∀゚)