借り暮らしのアラフィフティ 別館

ほぼ天涯孤独、手取り10万のアラフィフおひとりさま。家も金も男も定職もないからシェアハウスに住んで激貧暮らし。どうせ何もないならさらに断捨離して日本での生活も捨てて身軽で自由になってやる~ 孤独死上等\(^o^)/

京都アバンティのうどん屋・き〇屋に行った話

えー

インドの古典舞踊、オリッシーを見に、JR京都駅近くのホールに行ってまいりました。

 

インドからちゃんとした先生と舞踊団の人を呼んだ舞台。

そもそもインドの寺院で踊られていた踊りだからでしょうか、

セットも何もなく、そこまでショー的なものもなく

ただシンプルに踊りを見るものでしたけど、

 

私的には、よかったです(・∀・)

 

シンプル過ぎるくらいシンプルな舞台でしたが

中学生の親戚の子も割と気に入ったみたいで、よかったです。

 

私がもらったのは昼夜通し券で7000円したものだということも判明(;´Д`)

3枚もらったから21000円分のものをもらったわけだ(;´Д`)

生かせてないけど(ノ∀`)

 

客席は、半分以上ガラガラ。

もっと安くして、人をたくさん呼んだ方が今後のためにもいいんじゃ・・・

と思いきや、

 

終わった後、客席の人たちみんなとダンサーさんとで集合写真を撮っているのを見て

み、みんな、身内だったのね(;^ω^)みたいな~~~

 

 

 

 

 

そしてその後、時間も遅いのでご飯食べて帰ろうということになり、

京都アバンティの地下にある、うどん屋チェーンの「〇ね屋」へ。

 

なんと親戚、「き〇屋」に行ったことがないというのです。

 

ちゃんとした美味しい御出汁を飲みたい、き〇屋行ってみたいというので

まあ、〇ね屋なら大丈夫だろうと思い、中へ。

 

 

通された席は、拭いてもらってたんだけど、なんか匂う・・・

と、中学生の親戚の子が、お手拭きでテーブルを拭き始めました。

お手拭き、真っ黒(;^ω^)

私も吹きました。真っ黒(;^ω^)

 

布巾が、きれいじゃないやつなんですよね。まあそこそこよくある話ですが・・・

 

テーブル全体に、人工的な粉末出汁のような匂いが染みついていて。

嫌がる中学生の親戚の子に

「あんまり綺麗なところばかりじゃないんだから。こういうとこにも慣れとかなきゃ、世の中わたっていけないよ。

この先生きていけないよ」

と説得しつつ、注文・・・

 

 

ここのき〇屋は、ほぼ居酒屋なのね(;^ω^)
居酒屋メニューばかりで、うどんメニューがペライチ(;^ω^)

 

 

まあそれでも注文し、

親戚は天ぷらうどん、中学生の子はとろろうどんを注文。

 

 

隣のテーブルに、ちょっと場末感のあるオバサン3人が来て(失礼!)

同じくテーブルを拭き始めたことに、大笑い!

 

「やっぱ、みんな気になるんだね」と言いつつ、隣の人たちと目を合わせてニッコリ挨拶。

 

 

そして、天ぷらが先に来たのですが・・・えっと、なんか・・・

明らかに今揚げたものではなく、ちゃっちいというか、ぬるい、いやむしろ冷たい?

ん~~~

 

おばさんたちも見咎めて「どうなん?」「いける?」「ひどい?」と声をかけてくる・・・

これが京都の地元の力(゚∀゚) 他人でも声をかけてきてくれます。

いや大阪の下町でも普通に声かけてくるでしょうけどね。

 

 

そしてうどんが来て。

 

 

中学生の子が「これ、かたい。なんか火が通ってないみたい(´・ω・`)」というので

私が一本もらって食べてみて

 

「うん、おいしくない」と、思わずちょっと大きな声で言ってしまった。

おばさんたち、苦笑い。

 

「まあでも火が通ってないということはないし、食べられないことはない。ひどく美味しくないけど。

しかも熱くない、あったかくない・・・まあでも食べられるよ?」

 

と、とりあえず頑張って食べなさいという話になりました

 

 

中学生の子は、箸がどうしても進まず、食べられない(;´Д`)

 

 

 

そうこうしているうちに、隣のおばさま方の席に注文したメニューが届き、

おばさま方が店長を呼びました。

 

注文したのは、九条ネギのあんかけうどん。

 

 

最初は気が付かず、何を言っているのかわからなかったのですが

 

「これは、このねぎは生なもんなん?」

「は、はい、ねぎをのせて、つゆにくぐらせたものになりますが」

 

云々

 

「お金は払うけどさ・・・」

「い、いえ、こちらも、ちゃんと商品を提供したいので、受け取るわけにはいきません」

 

というわけで、おばさま方、お金を払わず帰ってしまった!

いいんだ!( ゚д゚)アリなんだ!

 

 

帰るときに、3人とも私たちに話しかけてきてくれて

 

「大丈夫やった?」

「食べれた?」

というので

「あ、はい、なんとか・・・そちらはどうだったんですか?」と聞くと

 

「いやもう、こっちは冷たい、こっちはぬるいで、食べられへん」

「お気の毒に(;´Д`)あの、同じ思いをお話しできて、隣に来てくださってよかったです!」

 

 

隣のテーブルを見ると、おばさま方、ほぼ手をつけず、食べずに帰っていました。

私たちは食べちゃったからなぁ(゚∀゚)

 

 

私は恥知らずなので、おばさま方が帰った後、

食べ残したそのあんかけうどんなどを、ちょっといじってみました。

 

うどんを数本、箸でつかんで持ち上げようとしたら

 

 

もちあがらんΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)

 

 

あんかけのアンが強すぎて、全体が固まってしまっている!

 

そこにぶつ切りのネギがどん、どんと乗っている。

こりゃ、食べ物を不味く加工したようなもんだわ。食べ物がかわいそう。

そしておばさま方が言ってた

「せっかく楽しく外食しようと思ってきたのに、台無しや」

おばさま方もホントかわいそう。

そして私たちもかわいそう(;´Д`)

 

 

厨房を見たら、3,4人が、ちゃんと手袋やマスクをして、衛生的には気を付けて調理しているようだったんですけどね。

 

 

帰り際、店長に「いつもこんなんですか?」と聞いてみました。

そうしたら「はい、今日は2人だけで。。。僕が遅れてきてしまったので(話を切り上げるように)ではここにサインお願いします」

 

話終わってないのにサインだけ急がせる感じがして、なんだか(;´Д`)

(だからいつもは自分がいるから、ちゃんとしていると言いたいようだ)

2人ってこともなかったように思うけど。

 

 

食べたからお金払うけど。

 

 

中学生の子は「あのおばさんたちがいてくれて、『スカッと』みたいだった!」と、そちらに喜んでいました。

テレビ番組「痛快TVスカッとジャパン」ね。応募してみようかしら、3万円もらえるみたい。

 

www.fujitv.co.jp

 

 

我慢してちゃダメなのね。

 

中学生の子に、気の毒なことをしてしまいました。すごく反省。

「スカッと」を見て、切り返しを勉強しなきゃかもです。

 

 

それにしても、き〇屋、

バイトを管理できない店長の責任と、

店を管理で来てないき〇屋の責任とかあるんでしょうが

 

 

もう〇ね屋にはいかない(゚∀゚)

次からは、丸亀製麺に行きます~~~(゚∀゚)美味しいんですよね!