借り暮らしのアラフィフティ 別館

ほぼ天涯孤独、手取り10万のアラフィフおひとりさま。家も金も男も定職もないからシェアハウスに住んで激貧暮らし。どうせ何もないならさらに断捨離して日本での生活も捨てて身軽で自由になってやる~ 孤独死上等\(^o^)/

Yahoo!知恵袋 SAのうどん屋の話

以前、Yahoo!知恵袋にはまってました。

 

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています」も、リアルタイムで参加してました。

 

 

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

 

 

 

つまり、あの質問には、私が回答をつけているということです(゚∀゚)よかったら探してみてください( ・´ー・`)

 

 

 

どこぞの入試で、携帯で英語の翻訳を知恵袋に頼んで問題に・・・みたいなのも、ほぼリアルタイムで見てました。

 

 

そんな私が、もう一度見たい知恵袋の質問があります。

 

 

 

 

 

確か、お父さんがした質問でした。

高速道路のサービスエリアのうどん屋で働いているお父さん。

リストラされたんだったっけ、忘れましたけど、

それでも職を得て、朝早く、そして夜遅くまで、必死で頑張って働いてたんです。

 

受験期の息子がいて、彼にちゃんとした教育を与えてあげたかったから。

 

 

でもある時、息子がこんなことを言ったんです

 

「親父がサービスエリアのうどん屋で働いているなんて恥ずかしい」

 

 

 

 

お父さんは、悔しくて情けなくて悲しくて、泣いて、布団にくるまって声を押し殺して涙が止まらなくて、知恵袋にそのことを質問をしてきてました。

どんな質問だったか忘れました。「これは恥ずかしいんでしょうか」とかだったかな。「私はどう返事すればよかったでしょうか」だったかな。

 

 

その質問に、山のような回答がついてました。

 

 

「あなたは立派です」

「息子さんはまだわかっていないだけです」

「息子さんは将来きっとあなたに感謝します」

「頑張れ( ・ㅂ・)و ̑̑」

 

 

私は、どう声をかけるべきだったかな。

 

 

どんなに慰めてもらえても、息子に言われたその一言は

心に突き刺さってなかなか消えないでしょう。

 

 

 

今、その親子はどうしているのか気になります。

そして、もう一度、その質問を読んで、

どんな回答がついていたのか、もう一度読みたいなと思って

探してみてるんですけど、なかなかヒットしないですね。

覚え間違いしているのかもしれない。

 

 

貧乏が悪いのかな。ね。何が悪かったんでしょうね。

それを読んだ時よりさらにど貧になっている今、

お父さんの年に近くなっている今、

もう一度、その質問を読んで、もう一度かみ砕いてみたい。