借り暮らしのアラフィフティ 別館

ほぼ天涯孤独、手取り10万のアラフィフおひとりさま。家も金も男も定職もないからシェアハウスに住んで激貧暮らし。どうせ何もないならさらに断捨離して日本での生活も捨てて身軽で自由になってやる~ 孤独死上等\(^o^)/

メルカリで1年半で40万の利益あげた理由②

※前回までのお話※

一年半でメルカリで40万の利益を上げたのは、そのうち10万は亡くなった母が残したものと家電だったが、果たして残りの30万は

 

 

 

そうなんです。前回長々と説明しましたけど、それでも10万円くらいにしかならなかったんです。

家電といっても、ぼろい使い古しのものばかりでしたからね。そんなにお金になるわけない。

リサイクルでお金になるのは、やっぱりブランドだと思います。

 

でもそんな物持ってません(;^ω^)

 

 

 

さて、

では、

 

何で30万円の利益があがったのかというと

 

 

 

 

 

趣味のものです。

 

 

 

 

 

 

母は、絵が好きで、画集をたくさん持っていたんです。

なぜか洋書の画集も多かったんですが、

 

 

それが、高く売れました。

 

 

絵の描き方の本も、高く売れました。

 

ダリの画集とか、

手に入れにくい洋書の画集は、びっくりする値段で売れました。

 

 

 

 

そして、私の趣味のものが、たくさん捨てきれずにおいてありました。

 

 

 

私、服はもらえなければ手に入れられない立場の人間だ(´・ω・`)と思いこんでいたので、服は買えなかったのですが

 

ダンスの衣装とかは、買わなければ手に入れられないものなので、それは買ってたんです。ご飯買うのを控えたお金で。

 

ダンスの衣装というのは、やってた人はわかるかと思うんですが、

グループで踊るときは。そのたびに毎回買う必要とかが出てきて

ソロで踊る場合は、借りたりもできるんですが、それはつまり自分のものも貸す必要があるから、自分のものも持っておく必要があるってことで

 

 

 

というわけで、ダンス用品、持ってたんです。

(一番メインのはパクられたんですけど、そりゃ置いといて)

 

 

 

ダンス用品、売れましたね。

ダンスの本も、そこそこに売れました。

 

 

 

私が持ってたものは、元値がそんなにしたわけじゃないです。

たまたま、友達がダンスにはまりすぎてショップを始め、卸値やものすごく安い値段で手に入れることができたり、

友達がいらなくなったものを安価で譲ったりしてくれたので(←またか)

それを売ってたら、そこそこの金額の売り上げがコツコツ積み重なって、

 

 

30万円ほどになったというわけです。

 

 

 

やっぱり、趣味のものって

好きだから、高くても買っちゃうみたい。

 

 

私は趣味をもう一切全部きっぱりと辞めて売ることにしたので、なので

全部きれいさっぱりなくなるまで売ったら、この値段になったわけです。

 

母の趣味のものも、母はもう亡くなってるわけだから

当然全部なくなるまで頑張って売ったら、

 

 

 

趣味のもので30万円( ・ㅂ・)و ̑̑

 

 

 

 

 

はい。あまり参考にならなかったかと思いますが

 

要は、どんなにめんどくさくても、チマチマと売り続けることだと思います!

 

写真撮るのも、説明文書くのも、梱包も、発送にいくのも、ものすごくめんどくさかったです。

でも、ものを大事にしたい気持ちと、喜んでもらいたい気持ちと、お金にしたい気持ちと、断捨離したい気持ち

それが相まって、

捨てるのではなく、メルカリで頑張った( ・ㅂ・)و ̑̑

 

 

その結果、トータル40万(∩´∀`)∩

 

 

 

でもこれも、私が定職についておらず

パートのおばちゃん

だからこそできたことだと思います。

 

 

時間がなければこんなことできないもん(・´з`・)

 

 

もし私が契約社員にでもいいからなっていたら、1年半で40万どころか、今より年間200万くらい多い給料もらえるはずなので

それ考えたらプラスと言えるのかどうか~~~(・´з`・)

むしろ全然足りてないというか~~~~(・´з`・)

 

 

でも断捨離は進んだから

 

 

このパートのおばちゃん期は、

メルカリで40万とかそんなことよりも、断捨離が進んだ期だと

そう思うことにしてます( ・´ー・`)

 

  

にほんブログ村 その他生活ブログ 一人暮らし貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ

にほんブログ村